ドボク管理


ドカントップオリーボル/米夢館/福よしcocoro sweetその他

【美幌町/米夢館(まいむかん)】

お米で夢のあるような幸せを提供できる館でありたい。そう語っていただいたのはお米大好き、ごはんソムリエの資格を持っている佐野さん。
今回はオレンジ色の柔らかみのある外観と相まって陽の光が暖かく差し込む創業87年の歴史ある米専門店「米夢館」で取り扱っている米粉スイーツをご紹介いたします。

米離れが進んでいる現代、田んぼの風景が大好きで、これ以上田んぼを減らしたくない!
米が主食の日本人だからこそ、米をもっと身近に楽しんでもらいたいと思い米を使ったスイーツにたどり着いたそうです。単に小麦粉を米粉に置きかえたお菓子作りではなく、米ならではの食感・風味・味わいなどを活かした美味しいお菓子を作りたい想いから、ドカン第12号で取り上げたアンクルハウスのマスター監修の基、アレンジを加えて作りあげた「和風しふぉん」を平成8年より販売開始しました。

米粉とはその名の通り米を粉末にした食材ですので小麦粉に比べカロリーが低く、人が体の中で作ることが出来ず、食物から取り入れなければならないアミノ酸のバランスがいいといわれています。同社のスイーツは全て小麦粉や小麦グルテンを使用しておりませんので小麦アレルギーの心配もなく、手作業で製造していますので愛情がたっぷり込められたスイーツが店頭に並んでいます。

シフォンケーキを形取り作られた「和風しふぉん」は黒米・赤米など種類あり、ホールサイズから一口サイズの物まで多様にあります。米粉の特性であるしっとりふわふわのスポンジ生地に、もちもちの食感でありながら軽い口当たりが特徴で、米の種類によって風味や食感に違いがありますのでお好みの「和風しふぉん」を探す楽しみもあります。また、一口サイズの詰め合わせパックは見た目も可愛いキューブ形の仕上がりになっているタイプもあり、その時々の気分やシーンに合わせて選ぶことができます。

この他にも油で揚げておらずもち米を乾燥させて焼き上げた「ノンフライおかき」や、米粉100%の「ロールケーキ」「ガトーショコラ」など種類も豊富。もちろん、もち米を使った和菓子の定番「おはぎ」もあります。おはぎといえば米を餡で包んでいるものを想像すると思いますが、同社では米を最大限に味わってもらうために餡が中に入っている「さかさおはぎ」という手法を用いています。おはぎに使っている米にもこだわりがあり、食物繊維の多い赤米、古くから薬膳として食べられていた黒米という古代米を使った珍しいおはぎを販売しています。さらに、常連のお客さんにも刺激になればとの思いから、2年前から始めた月替わりの限定おはぎが売れ筋商品となっています。取材時はかぼちゃを餡にした
「かぼちゃおはぎ」を販売していましたので早速いただきましたが、かぼちゃの甘さがしっかり残っておりもち米との相性は抜群だと感じました。

他にも柿やキウイ、バナナを入れた変わり種おはぎを販売する月もあり、固定概念にとらわれない考え方もとても素敵だと思いました。
ティータイムのひとときに是非、ご賞味してみてはいかがでしょうか。
最後に今後の抱負をお聞きしたところ、「月替わりの和風しふぉん」も販売していきますし、お菓子をきっかけに普段食べている米もメニューによっていろいろな品種を合わせて、毎日の食卓にちょっとした幸せをプラスしていただければ。と笑顔でお話していたのが印象的でした。
(取材原稿)


米粉で作ったシフォンケーキ
古代米のミニシフォン
ライスマカロン

店内で取材させていただきました
赤米でつくったクッキー
かぼちゃ餡が入ってるおはぎ

米夢館
北海道網走郡美幌町鳥里4丁目4-1
TEL.0152-73-5318
営業時間:9:00〜18:00
定休日:毎週木曜と日曜日
http://maimukan.com/

お店の場所はこちら





PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。

2015(C) 本サイト内の写真や文章など、掲載物の転載は固くお断りいたします。ホームページの内容に関するお問合せはドボク管理企画運営委員会デザイン室desgin@dobokukanri.co.jpまで